スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終了しました。~原発事故から2年後の現状と、これからの暮らしを考える市民学習会~

NO NUKES IWATE 『6.2 NO NUKES DAY』連帯企画

~原発事故から2年後の現状と、これからの暮らしを考える市民学習会~

本日、無事に終了いたしました。参加人数は約40名です。内容については後日UPいたします。

講師の吉田先生、報告者のみなさん。そして本日参加いただいたみなさま。大変お疲れさまでした。

どうもありがとうございました。

IMG_1888s.jpg
スポンサーサイト

~原発事故から2年後の現状と、これからの暮らしを考える市民学習会~開催のご案内

NO NUKES IWATE 『6.2 NO NUKES DAY』連帯企画
~原発事故から2年後の現状と、
          これからの暮らしを考える市民学習会~


 日 時:6月2日(日)13:00~16:20 ごろ
 場 所:コープあてるい 2階会議室 入場無料 (託児室あり)
 内 容:
   基調講演
    「福島原発事故の影響を考える ~私たちの暮らしは・・・~」
         吉田 智子 先生(岩手大学非常勤講師)
    報 告
    (1)土壌サンプリングの経験および結果からの考察
                          (安部宏朗、菅原和博)
    (2)食品放射線量測定から得られる移行傾向と摂取について
                                  (小野寺拓)
   ・食品中放射線量測定 demonstration

     会場内で実際に食品等を測定する予定。会場内測定条件等で難しい場合もあり不可能の時もあります。
     その時は測定している様子を動画等でご紹介します。

事故から丸2年が経過し、最近はメディアでもあまり扱わなくなってきている福島原発事故。しかし実態は未だ
危機的な状況に変わりありません。汚染水処理にも限界があり、地下水から放射性物質検出など、流出しているであろう事実が散見されます。メルトダウンした燃料棒がどのようになっているかなど解っていないことが多々あ
り、収束に至るには相当な年数が必要です。

今回私たちは、さようなら原発 1000 万人アクション、原発をなくす全国連絡会、首都圏反原発連合(反原
連)による同時アクション『6.2 NO NUKES DAY』 の連帯企画として学習会を開催します。収束に至っていな
い中「なんとなく大丈夫」という根拠の伴わない考えは、安心とは程遠いものと思います。

今必要なことは、まさに JAPAN REJECT NUKES (日本人は核を拒絶する)こと。

この学習会によって、“核”が私たちの暮らしへどのように影響するのかを考える機会となれば幸いです。

ちらしPDF

ポスターPDF


主 催:NO NUKES IWATE(@no_nukes_iwate)
     高橋義徳 安部宏朗 菅原和博 小野寺拓 佐々木靖郎 佐藤元紀

緊急拡散! 原発問題 市民講演会

多数のご来場をお待ちしております!


 日時 3月9日(土) 14:00~16:00

 場所 盛岡市「県公会堂大ホール」

 講演 「放射能被曝から身を守るには~基礎知識とチェルノブイリ事故後の最新情報~」

       講師:菅谷 昭 氏 (松本市長・医師)

 主催 岩手県保険医協会・反核医師歯科医師の会



大きな地図で見る

講演会のご案内

講演会のご案内です。

奮ってご参加下さい。

詳細は下記をご参照下さい。

s-学識者の会講演会チラシ(最終)_01

拡大(PDF)

プロフィール

no nukes iwate

Author:no nukes iwate
原子核エネルギー利用は、コスト的にも割が合いません。福島原発事故の影響で、原発を持たない岩手県も汚染されてしまいました。これから生まれてくるであろう日本人のために、もう原発は卒業しましょう。

連絡先 no.nukes.iwate@gmail.com

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。